9月の東大阪支局NEWS

  サンコー技研/作業日報管理アプリ 現場熟知 使いやすさ追求(11/24・モノづくり面)
「モノづくり中小企業の現場はITが遅れている。価格も安いのでぜひ勧めたい」。サンコー技研(大阪府東大阪市、田中洋美社長、072・964・3204) の田中敬専務は、独自製品の作業日報管理アプリケーション(応用ソフト)「スマファク!」を積極的に売り込む。 スマファク!は電子基板や金属・樹脂の精密打ち抜き加工を手がける同社が顧客から生産データの長期間保存を求められたのを受け、 2019年に社内用に作った。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
  フジキン/ベトナムでバルブ開発増強(11/24・機械面)
フジキン(大阪市北区、野島新也社長、06・6372・7141)は、米中対立の長期化も視野にベトナムで生産・ 開発能力の増強に注力する。同国の拠点で、半導体製造用精密バルブ事業のリスク分散と効率化を推し進める。 野島社長にベトナムの事業方針や半導体関連業界の動向などを聞いた。

・・・続きは 1週間「無料」試読!
  大阪機械卸業団地協同組合/入札会 中古機械工具5000点ずらり(11/20・機械面)
大阪機械卸業団地協同組合(大阪府東大阪市、赤沢正道理事長、06・6747・7521)は、同市内の共同展示場で 「第193回機械工具入札会」を開いている。中古の工作機械や切削工具などをすき間なく並べ、出品は5057点、 総額4億2300万円。鉄工所の高齢化や新型コロナウイルス感染症で増えている廃業の影響もあり「出品は増えている」(事務局)という。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
  山本光学/眼鏡にフェースシールド 装着パーツ開発(11/6・西日本面)
山本光学(大阪府東大阪市、山本直之社長、06・6783・0232)は、国立がん研究センター(東京都中央区) と共同で眼鏡にフェースシールドが装着できるアタッチメントパーツを開発した。 眼鏡を着用している医療従事者らの飛沫感染対策として、同センターの知見などをもとに山本光学が設計・ デザインした。価格は1400円(消費税抜き)。

・・・続きは 1週間「無料」試読!
  不動プラスチック製作所/自動化推進、営業面でも効果(11/3・西日本面)
不動プラスチック製作所(大阪府八尾市、山本信隆社長、072・948・8568)は、樹脂の射出成形を手がけ、 組み立てにも対応する。射出成形機は型締め力が20-140トンの機械を12台所有する。そのうち、型締め力が60トン の成形機が6台を占める。エンジニアリングプラスチックや汎用樹脂に加え、成形時に発生するガスが金型の 損傷につながるため嫌厭されがちな硬質塩ビの成形にも対応できるのが強みだ。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
  光洋サーモシステム/欧州で工業炉拡販 独に子会社(11/2・機械面)
光洋サーモシステム(奈良県天理市、竹岡伸高社長、0743・64・0981)は、ドイツのミュンヘン市に工業炉(写真) の販売・サービスを手がける子会社を設立した。欧州初の自社拠点。自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、 シェアリング、電動化)や第5世代通信(5G)で市場拡大が見込まれる、半導体や電子部品向けの工業炉の売り込みを欧州でも強化する。

・・・続きは 1週間「無料」試読!
























































▼「全国ニュース一覧」
▼「TOP」に戻る



NEW!