9月の東大阪支局NEWS

  富士製砥/消毒スプレースタンド 足踏み式(9/30・機械面)
富士製砥(大阪市中央区、李学勝社長、06・6910・6810)は、足踏み式の消毒アルコールスプレースタンド「俺の除菌スタンド=写真」 を発売した。高さを1050_-1350_bに調整でき、頭部を押して噴霧する市販のボトルを取り付けられる。 消費税抜きの価格は4万6000円。中国・上海市の合弁工場で生産し、2020年中に1万台の販売を目指す。

・・・続きは 1週間「無料」試読!
  春日鋲螺製作所/トリーマー加工増強(9/29・西日本面)
春日鋲螺製作所(大阪府八尾市、田中秀和社長、072・991・2171)は、ボルトの頭部を六角形や四角形などに打ち抜く 「トリーマー加工」の設備を増強する。中古のトリーマー機をすでに稼働したほか、新品の機械導入も予定する。 近年、後継者難によりトリーマー加工を手がける事業者の廃業が進んでおり、同社へ加工依頼が増えていることに対応する。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
  近畿大学/異色の戦略-近代の底力(9/22・最終面)
少子化や大学の淘汰の進む中、近畿大学が志願者と産業界の人気をつかんでいる。世界初の完全養殖に成功した 「近代マグロ」の巧みな広報戦略や実学重視の産学連携、国際学部新設などが奏功してきた。 しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大で多くの大学と同様に前期はキャンパスで講義できず、 12日に再開した後期も手探りが続く。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
  JOHNAN/バリ取りロボシステム開発 アルミダイカスト向け(9/11・ロボット面)
JOHNAN(京都府宇治市、山本光世社長、0774・43・1369)は、「バリ取りロボットシステム」を開発した。自動車向けアルミダイカスト部品が主要ターゲット。 ワーク(加工対象物)の6面加工が可能。短時間かつ最小限の段取り替えで、複雑なバリ取りを行う。 参考価格は1600万円。(消費税抜き)。今後、アルミダイカスト向け以外にも装置を展開するなど関連事業を含め、2025年に年間10億円の売り上げを目指す。


・・・続きは 1週間「無料」試読!
  テクノグローバル/阪大の知見融合、携帯型開発(9/4・モノづくり面)
テクノグローバル(大阪八尾市、高田弘之社長、072・939・7935)は、重金属測定機器事業に参入した。 大阪大学との産学連携により、携帯型の重金属測定装置「AQSCIL(アクシル)」を開発。高田社長は自社製品の開発で 「他社がすぐにまねできない製品」を目指している。自社のモノづくり技術と専門的な研究内容が融合されたアクシルは、 他社が模倣しにくい製品に仕上がっている。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
  河島製作所/ニーズつかみ、柔軟に商品考案(9/3・モノづくり面)
河島製作所(大阪府東大阪市、河島直也社長、06・6789・5656)は、消費者向けプラスチック商品の企画・開発・製造に取り組む。 キャラクター印刷付きスマートフォンカバーなど人気商品は多い。「自由なアイデアと設計・製造の一体感」(河島未佳製造部設計課長) が強みだ。新型コロナウイルス感染症対策のために樹脂製の衛生用品も提供する。
・・・続きは 1週間「無料」試読!
























































▼「全国ニュース一覧」
▼「TOP」に戻る



NEW!